創味シャンタン 粉末タイプ使ってみた! 


中華料理には欠かせない「創味シャンタン」。
普段はデラックスの缶タイプでお得感を感じながら使用しています。
チャーハンだとうが、スープだろうが、缶タイプ!
syantan1.jpg

ですがですが、昨年ついに粉末タイプが登場いたしました。
顆粒タイプの中華のおだしはよく見かけますが…
粉末です、粉末。
syantan3.jpg

サラサラの粉タイプ。
粉タイプと言えども、味は創味シャンタン!
しっかりとしたお味です。

syantan2.jpg

スープに入れても、すっと溶けてしまうので
顆粒タイプに比べる、「溶けたかな?」と混ぜることもなく
お玉で1回くるっとお鍋の中回すだけ~。
syantan4.jpg
これは、青梗菜と、きのことワカメの創味シャンタン粉末を使用したスープ。
缶タイプよりも、練りタイプよりもかなり
時間短縮も出来てしまう優れもの。

お野菜のお浸し。
ホウレンソウや小松菜などのお浸しに
小さじ2分の1…そのちょっと創味シャンタンを
くわえるだけで、いつものお浸しから脱出!
粉末だからこそできる仕業ですね。

キュウリを袋に入れて
創味シャンタン粉末を入れて
ちょっとモミモミ。
その後、麺棒で数回叩く(笑)
いい塩梅な味の酒のつまみができます(^^)

自分のレシピ開発も楽しいですけど、皆さんのレシピも楽しみ~です。

やさいのなちゅるん(讃岐うどん)食べた見た! 

 節柄鍋に入れようとも思ったのですが、せっかく麺つゆもついていることだし…、麺の味もちゃんと味わいたかったので、同封の麺つゆで月見うどんにしました!!

natyurun1.jpg
2人前 600円。
めんつゆが付いているのが有難かったです。

natyurun2.jpg
香川県の特産野菜の「さぬきな」と「小松菜」を交配して生まれた
「食べて菜」を粉末にしてまぜたもので、βカロテンがレタスの約7倍もあるとのことで、
さらには皮膚や粘膜の「もと」となり、強い抗酸化力で体を老化をふせぎ、
紫外線などの酸化ダメージからもまもってくれる働きがあるそうです。

学校給食でも頻繁に出されているようで、苦みや癖がないのも特徴の1つのようです。

natyurun3.jpg
乾麺でこんな感じに袋に入っていました。

natyurun4.jpg
茹であがるとこんな色合いに。
茹でている間も、なんとなく葉っぱの香りが漂っていました。

natyurun5.jpg
 食べての感想は噛めばかむほど野菜の味がする感じです。
昔流行った抹茶蕎麦を連想する感じで、
うどんというよりはお蕎麦に近い麺のように思いました。
シンプルに食べるのが一番あうような気がしました。
美味しかったです。

ただ、思ったより早くのびるような気がしました。
私が茹ですぎたのかもしれませんが…(#^.^#)








にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ



38種類の野草が入っているのにとっても飲みやすい!「福寿来A」 

 いまだ気管支炎完治せずゲホゲホな日々です。

さて、今日は!「福寿来A」です。
38種類もの野草が入り、無農薬でアミノ酸がもろみ酢の10倍以上も入って位と言うから驚きです。

gukuju001.jpg

gukuju002.jpg
試飲させていただきました5pack。

gukuju003.jpg
こちら38種類の野草一覧。

野草というと香りが独特だったり
味に癖があったり…というイメージがあったり
実際そういうものが多いのすが
この「福寿来A」は全く癖が無く、香りもよく
大変飲みやすい健康茶でした。

人間の体を形成するうえで必要なアミノ酸。
体内では作れませんから外から取り入れるわけですが、
そのアミノ酸がもろみ酢などの10倍が、
このお茶で摂取できるというから大変驚きます。

・揚げ物や油っこい物をよく食べる方
・甘いものがお好きな方
・生活が不規則な方
・運動不足の方
・健康維持を心がけている方
に特におすすめということでしたが、のんカフェインでもありますので
年齢問わず、朝の1杯、2杯と福寿来Aで1日のスタートを切ってもよいなぁと思いました。

ティーパックなのでマグカップに入れて
そのままお湯を注いでも良いですが…
gukuju005.jpg
私はティーポットに入れて…

gukuju006.jpg

gukuju007.jpg
若干時間を置きまして

gukuju008.jpg
こんな感じの色合いです。
ティーポットに入れての置き時間によって色の出も異なります。
ただ色が濃くなっても渋くなることはありませんでした。

5pack、家族で美味しくいただきました。感謝。






にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ