丸八蒲鉾さんの「おためしセット」をいただきました! 

 今日は、創業94年(大正12年)の丸八蒲鉾様の「おためしセット」をいただきましたのでレポートを♪


丸八蒲鉾さんはミシュランガイドに記載の
「2つ星」のお店も認めた味(写真のチラシ参照)とのことで期待「大」。
tenpuram002a.jpg


tenpuram001a.jpg
「おぉ~~~~!来た来た~」が第一声(*''ω''*)

宮城県には住んでおりますが…
父が兵庫県出身ですので、「てんぷら」にはうるさい。ほんとにウルサイ(笑)
関東以北では「天ぷら」は衣をつけて揚げてあるあるもので、
父がいう「てんぷら」はこちらでは「さつま揚げ」。
しかしながら…見た目似ているけれど、「さつま揚げ」と「てんぷら」…こっち(宮城)で
食べると、そっち(兵庫)のとは、やっぱり違うんです。

tenpuram003a.jpg
当初、おでんでも!と思っていたのですが…
いやいや…せっかくの「天ぷら」。
やはり、このままでいただくのが一番!ということで、このままいただきました。

3人家族…
天ぷら6種類×2枚…ということで、全て2等分。
全種3人味見しながら、いただくことにしました。

tenpuram004a.jpg
創業時からこだわった原料「鱧」と「イトヨリダイ」。
こっちで食べる「さつまあげ」は雑魚(いわゆる色々)なので、かなりのプリプリ感があり
丸八さんのてんぷらのような「照り」「輝き」はないですね。
しかも、食べた時の「もっちり」感。
「鱧」と「イトヨリダイ」の組み合わせだからこそ…の歯ざわり。
これはミシュラン2つ星のお店で使用されているのも分かります。ホントに。

かまぼこ本来の味と、紅生姜とかゴボウとか…etc
双方の素材がちゃんと生きている。
どちらも出しゃばらずに、でも存在感がある。

tenpuram005a.jpg
80歳目前の父が「うまいなぁ」「うまいなぁ」と1口たべるごとに呟いていました。
そんな、父見たら…注文するしかないですよね(笑)
いや、ほんとに美味しい「てんぷら」をいただきました。





にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

新茶 特選ぐり茶 八十八夜摘み いただきました! 

 梅雨明けしておりませんがとても暑いです。( ;∀;)

 さて、今日は「新茶 特選ぐり茶 八十八夜摘み」です。
日本酒では2月4日 立春朝搾りのものは「縁起酒」とも呼ばれ、春の訪れをさすそうですが、
お茶にも縁起を呼び込む季節がありますね。
「八十八夜」。夏の準備を始める縁起の良い日に摘まれたお茶を飲むことで、長生きが出来るとも♪
今年は5月2日が八十八夜でした。

その日に摘んで美味しく緑茶に出来上がるまで1週間弱の工程を経ます。

そして、それがこちら♪
guri001.jpg
色々はいっておりましてが…
摘む日が限定されていますから、当然世に出回る数も限られてしまいますが
今回…今回「いただきました!!!」

guri003.jpg
封を開けると、緑茶の良いかおりが…
そしてこの茶葉…
ずぶん手をかけたんだろうなぁということが伝わってくる茶葉です。

guri002.jpg
こちら「ぐり茶」の語源です。
新鮮な茶葉はぐりっと?グル」ッと?丸まってしまうそうで、
そこから「ぐり茶」のお名前がついたようですね。

guri004.jpg
緑の濃い、綺麗な茶葉。
そして香りがとても良いです。

guri005.jpg
煎れたて!
良い香りですし、甘みのある「新茶 特選ぐり茶 八十八夜摘み」でした。
お茶屋の友人が朝に緑茶5杯以上飲むと健康に良いと以前話していたのを思い出しました。

梅雨で昼間は暑いのですが、幸いなことに夜は涼しいので
美味しく緑茶をいただいて過ごしていました。
産地ばかり見て選んでいた緑茶ですが、
今度は季節を感じるお茶の飲み方もしていきたいなぁと思います。




にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ
にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ

烏龍茶の元祖「凍頂烏龍茶」飲んでみた! 

 6月30日、明日から7月です。
もう2017年の後半になるんですよー!!
時間の経過の速さに恐ろしさを感じます(;・∀・)

 本日は、烏龍茶の元祖とも言われている「凍頂烏龍茶」です。

 これまで色々なウーロン茶を飲んでいますが、これほど香りがよく癖がないのは初めてかもしれません。
こちらがその「凍頂烏龍茶」です。

touu201706a001.jpg
がっちり!ぎっちり!の真空パック状態で届きます。

touu201706a002.jpg
150g 1,980円 (税込 2,138 円)です。
送料は無料です。

touu201706a003.jpg
ウーロン茶=中国(本土)のイメージありますが…
こちらは「台湾産」です。

touu201706a004.jpg
で、しかもお湯を入れてからの待ち時間が
しっかり決められております。

紅茶みたいですね♪

touu201706a005_20170630152120553.jpg
準備完了!

あ、茶葉ですが…
見慣れた茶葉と違いまして…
touu201706a007.jpg
こんな感じにコロコロとしております。

touu201706a008.jpg
急須に茶葉入れまして…

touu201706a009.jpg
お湯入れて…

1分20秒待つ。
touu201706a010.jpg

touu201706a011.jpg

思ったより色が薄め。
でも、とても香りが良いのです。
touu201706a012.jpg
1杯目…

touu201706a013.jpg
1杯目で茶葉が少し開きました。
2杯目…
湯を入れて…待つこと1分。
touu201706a015.jpg
1杯目より色は濃くなりました。

 この「凍頂烏龍茶」は、海抜の高いところで、
さらには急斜面で採れるとのことで、厳しい環境に対応するために、
茶葉はカテキンなどのポリフェノールがたくさん含んだものになるのだそうです。

 食事中や食後がお勧めのようですが、薄口でティータイムにも引用しても
全然問題なく、美味しく飲んでいますよ♪









にほんブログ村 美容ブログ コスメレビューへ

にほんブログ村 美容ブログ 50代女磨きへ