「え?大根の葉捨ててるの?信じられな~い」 

 野菜の根野菜の季節となってきましたね。
今日は新鮮な野菜をいただきました。それも採りたて!!!

20101109b004.jpg
巨大な白菜・立派な葉のついた大根
「実はなるけど、もう茎が枯れて赤くならないよー」というトマト。

まず、さっそく大根の葉を。。。
20101109b007.jpg
準備物
ごま油・砂糖・麺つゆ・だしの素・白ごま

20101109b005.jpg
大根の茎は2~3mmに、葉はせん切り。

20101109b006.jpg
ごま油を敷いて
葉を投入して、すぐ砂糖を大さじで4~5杯入れる。
「さ・し・す・せ・そ」の順番もありますが、
砂糖を入れることによって、大根葉の水分が早く出てくるんです。

20101109b008.jpg
数分で葉がしんなり、鍋に入れた葉は3分の1くらいに
あっという間にペッちゃんこになります。
そしたら「だしの素 小さじ2杯」
「麺つゆは好みですが甘口になるように入れます」
で、弱火で少しコトコト煮込み、汁が無くなってきたら
白ゴマを入れて、数分コトコトして出来上がり。
(ピリ辛が好みの場合は、鷹の爪か、七味などを入れると良いです)

20101109b010.jpg
こんな感じ~~。

このままホカホカのご飯にかけても良し。
ホカホカのご飯に混ぜ込んで、混ぜご飯にしても良し。
チャーハンの具材にしても良し。

タッパーに入れて冷蔵庫に入れておけば1週間は持ちますし
タッパーに入れて冷凍しておけば、かなり長期間保存できます。


 ビタミンたっぷりの大根の葉、
スーパーでは、葉のない大根ばかりで、「新鮮です」「朝とりたてです!」と言われても、あまり新鮮さが見えませんが、葉がついていると、葉の様子で新鮮か否かは一目瞭然ですし、葉だけでも1品2品のおかずになりますので、今の季節は道の駅や、炉端の無人野菜売り場などをチョコチョコ覗いております。

 でも、残念なことに、道の駅でも「葉切ってもらえますか?」という声を耳にします。
若い人ではなく、意外にも(見た目)50~60代の女性が圧倒的に多いので驚きます。
食べられるのに捨てるという、無駄な方をする方が「そこ」に居ます。
 根野菜は意外に捨てるところがないので、もったいないですよねぇ。たまに、他の方がその場で切り落とした大根葉をお店の方に「もらっていいですか~?」と言って、頂いてきます。野菜高騰する冬、栄養満点な大根の葉、重宝しますよ♪


 ちなみに写真に写っている青いトマト。
 収穫時期は終わっておりますが実はなり続け、でも茎はすでに枯れ始めたためこれ以上赤くはならないだろうと。でも、捨てるのはもったいないと、母の友人が自分の庭の畑で取れた野菜とと共に持ってきたのです。母の友人はトマトジャムにしたそうで、現在は浅漬けに挑戦中ということで、出来たら持ってきてくれるか。。楽しみ。
 我が母は糠付けにしてみるととのこと。
 私は・・・カレーの具材にします(笑)

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 白石情報へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東北情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮城情報へ

コメント

気まぐれワサちゃん さん

> 大根の葉っぱは大好きでーす♪こういう料理は知らなかったけど、炒めたらおいしいよね!茎のほどよいシャキシャキ感があってぐぅ~ざんす。
 大根の葉はシャキシャキ感が最高ですよね♪

> 捨てるのなんてもったいない!!十分一品として使えるもん。新鮮かどうかわからないためにきりおとしてるんだろか??なんて。
  おぉー、そういう意味もありえますよねぇ。
 葉がシナシナだと「新鮮じゃないじゃん!」という声も聞こえそうですし・・。

> 青いトマトもね、置いておくと赤くなってくるよ(^。^)
> あ、でもそちらは寒いからちょっと無理かなぁ?どうだろ…?
  うん、青いまんまです、まだ(笑)

大根の葉っぱは大好きでーす♪こういう料理は知らなかったけど、炒めたらおいしいよね!茎のほどよいシャキシャキ感があってぐぅ~ざんす。
捨てるのなんてもったいない!!十分一品として使えるもん。新鮮かどうかわからないためにきりおとしてるんだろか??なんて。
青いトマトもね、置いておくと赤くなってくるよ(^。^)
あ、でもそちらは寒いからちょっと無理かなぁ?どうだろ…?
  • [2010/11/14]
  • URL |
  • 気まぐれワサちゃん
  • [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hotcheesecake.blog39.fc2.com/tb.php/1634-07915e86