杜の都アート展でのお気に入り♪ 

 「アート」=「芸術」とは一般的な言葉で、この「杜の都のアート展」は、一般的なアートと言えるのは、きっと2割くらいで、残りの8割は「ハンドメイド」です。

 よく「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」はジャズが少なすぎる!という声を聞くように、「定禅寺ストリート 杜の都のアート展」も、「アートが少なすぎる!」という声が聞こえてくるだろうな、と。

 決して悪い意味ではなく、基本的に「楽しむこと」が好きな人々が集まり、偏りなく様々なジャンルを受け入れることが可能な人々が集まるから、このような形が成り立っているのだろう、と。

 そして「定禅寺通り」という特殊な場所は、人々の心を和ませる。
ジャスフェスと共通して、なんか「けやき」のパワーがそうさせるか、
みたいな…そんなのありません?(笑)

 だからこそ、定禅寺のケヤキ並木の下の通りが「ぎゅうぎゅう」になるほど、たくさんの人々がイベントごとに集まるわけで…。

2011103044a.jpg

 このようなアートイベントでは自分の作品の展示だけではなく、ある意味自分PRの場でもあるので個性ある作品を出されている方から個性ある名刺などを頂いてくることも多いです。(ある意味、デザインなどの参考資料的な感じもあるんですが…)


 今回は、フェルト系のハンドメイドがかなりの場所を占めておりましたね。
お子さん達が先を争うように、それらの小物を見に動き回っておりまして、同伴したお母さんやお父さんと(財布の)交渉している姿も多々見受けられました。(^。^)


2011103a008.jpg
 で、今回…
私の目を惹きつけたのか「ブタ」。
それもダンボールの…。

製作者は岡部工房の岡部さん。

 ダンボール100枚くらい重ねて作ったそうです。
作り方の動画を見たのですが、楽しい♪
 アート展では、ミニサイズも販売していたのですが、
我が家の室内犬が「新聞紙」と「ダンボール」が大好きで、
よくかじって、ちぎってボロボロんびするので、
欲しかったけど無理だろうなぁと(^_^;)

2011103a017.jpg
アート展では自作の絵葉書がたくさん出品されています。
が、私がこれに惹かれた理由は1つ「仙台弁」のコメント入りだったこと。
特に「ちょすな」の言葉に懐かしさを覚えた昨日でした。
by 猫の事務所さん





にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 白石情報へ
にほんブログ村 地域生活ブログ 東北情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮城情報へ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hotcheesecake.blog39.fc2.com/tb.php/1798-36e72fe9